クラウドソーシング・クラウドワーキングで稼ぐ方法

クラウドソーシング・クラウドワーキングとは、企業と個人がインターネットを通じて、業務委託する新しい雇用形態です。ネットで安定して稼ぎたい方におススメです。

そしてクラウドソーシングサイトは、簡単にいうと企業と個人の中間サイトです。

企業と個人との中間にクラウドソーシングサイトが入り、「報酬の確保」と「仕事の納品」の確認をすることで両者が安心して発注・受注することができます

クラウドソーシングは面接なし、簡単な30秒登録ですぐ仕事が始められる

クラウドソーシングというと、プロフェッショナルな方専門というイメージを持たれている方も多いかと思いますが、ライティングやデータ入力、ウェブ検索など簡単作業系も豊富に用意されています。

在宅ワークをしようと思うといろんな手続きが必要ですが、クラウドソーシングは今登録すれば30秒後には仕事を始めることができます。

面接、採用結果待ちがない、家で稼げる、好きな時間に稼げる、時間の縛りもない、空き時間を活用できるなど、気が向いた時だけ稼ぎたい主婦のお小遣い稼ぎ、コンスタントに稼ぎたい在宅ワークとしてにピッタリです。

クラウドソーシング登録前にお仕事チェック

クラウドソーシングサイトでは、デザインやウェブサイト作成などプロフェッショナルの方向けの仕事から、主婦に人気の「クチコミ」、「データ分類」、「ライター」などの作業系まで、幅広いジャンルで仕事が用意されていています。

仕事の量も選べます。例えばライティングは1記事の作成の案件もあるし、1記事だけではなくまとまって10記事の依頼もある、数ブログ開設依頼もあれば、ガツンと稼げる30ブログ開設依頼の仕事もあります。

ジャンルも豊富だし、少量から大量受注もあるので自分次第で稼ぎの幅を広げられます。登録前に仕事チェックができます。

クラウドソーシングサイトについて

安全性について再確認

『企業と個人との間にクラウドソーシングサイトが中間に入る事で、「報酬の確保」と「仕事の納品」の確認をすることで両者が安心して発注・受注することができます。』と上記に記載しましたが、肝心のクラウドソーシングサイト選びも重要です。

クラウドソーシングサイトは勢いよく増えています。誤って詐欺まがいなサイトに登録してしまわないようにしましょう。登録は大手をおススメします!

手数料・システム利用料金

クラウドソーシングは、手数料やシステム利用料金がかかります。ここがライティングサイトと大きく異なる点でもあります。

一概に利用料金がかかるという点でライティングサイトと比較するのではなく、ライティングの報酬単価で比較した方がいいと思います。

システム利用料金はクライアント負担、受注者負担かはクラウドソーシングサイトによって異なります。 受注者の場合は確定した報酬から差し引かれますので、持ち出しはありません。システム利用料金の目安は5%~20%程度で報酬額によって異なります

個人と企業両者の安全性確保のために必要な料金ですね。

ランサーズ実績

ページの先頭へ