アクセスアップ

アクセス数はアフィリエイトの収入にとても大きく関係しています。

サイトを訪れた方の期待に添わないサイト内容の場合は成果として反映されませんが、やはりアクセス数は稼ぎと比例していると言ってもいいと思います。

トラフィックエクスチェンジ系のアクセスアップツール

トラフィックエクスチェンジ系のアクセスアップツールはアクセス数は増えますが、アクセス数が増えただけで、滞在時間はというと数秒…です。やる意味ないなと感じたので当サイトはやめました。

トラフィックエクスチェンジ系のアクセスアップツールは、ダウン制の紹介制度が導入されているので稼ぐことはできます。

yahooもグーグルの検索エンジンを採用

yahooも検索エンジンYSTからグーグルの検索エンジンを採用していますので、グーグルを意識してSEO対策をしていくわけですが、グーグルのマット・カッツ氏は、過剰なSEO対策をするよりも「コンテンツの充実」「クローラーのがインデックスしやすいサイト構成」「ユーザーがアクセスしやすいサイト」を、まずはするべきと言っています。

でもSEOも必要な要素をもっているとも言っています。

過剰なSEOとはキーワードの詰め込みや相互リンクのし過ぎなどの必要以上な行為です。そして、サイトの内容に合った正しいSEOはとても有効的に作用してくれるということです。

SEO対策

SEO対策とは「検索エンジン最適化」のことですが、すごく奥が深くて、管理人ごときが語れるものではないのですが、一応このサイトも自分なりに少しSEOを施しているつもりです。

最低やっておいた方がよいと思って対策したものを紹介していきます。

アクセスアップの小技

リピーターが再訪問しやすいように、「お気に入りに追加ボタン」や「ファビコン」を設置しよう。

無料アンケートツールを利用して、ユーザーの心理を探ろう!

スタイルシートとは

ホームページのレイアウトを別に定義しておく方法です。また、レイアウトだではなく文字の色や大きさ、書体なども全ページに対して一括で変更することが可能になります。

私も初めてホームページを作った時は表を使って入れ子入れ子でホームページを作っていました。HTMLソースを見ると<TABLE>タグなどであふれかえっていたような気がします。

HTMLソースがすっきりすると巡回してきた検索エンジンロボットもサイト内容がわかりやすくなります。

ちょっと苦労したけど、わかってくるとこれがホント便利というかラクというか、アクセスアップ面だけでなく、作成面でもとてもいいです。

参考にしたサイトさん

ディレクトリ登録審査サービス

管理人が利用した有料ディレクトリ登録審査サービスです。

登録審査に通過したので、goo、OCN、biglobe、Excite、@nifty、livedoor、Fresheye、au one、西日本新聞などの国内大手ポータルサイトに「主婦の在宅ワーク体験記」で登録してもらうことができました。

クロスレコメンド

クロスレコメンド は、クロスリスティングが提供する有料のディレクトリ登録審査サービスです。

審査を通過したサイトはgoo、OCN、biglobe、Excite、@niftyなどの国内大手ポータルサイトのディレクトリ検索結果ページに掲載され、直接リンクされます。

Jエントリー

livedoor、Fresheye、au one、西日本新聞など大手ポータルサイトに提供しているディレクトリ型検索エンジンへの登録審査を行うサービスです。

登録されたWEBサイトのアクセスアップが期待できるほか、GoogleやYahoo!などロボット型検索エンジンの評価が高い当社パートナーサイトに登録(=リンクを貼られる)されることにより、SEOに大きな効果をあげることが期待できます。

有料審査サービスを終了

ページの先頭へ