1日1,000円稼ぐ方法

1日1,000円稼ぐ方法

ネットで1日1,000円を稼ぐ方法は1つではありません。1日1,000円稼ぐということは月収30,000円です。このラインを目標にネット稼ぐことができる方法をいろいろ提案していきます。

まず、資格不要で今すぐ始めることができ、確実に1日1,000円稼ぐ方法はライティングです。記事を書いた分だけ収入が増えます。

報酬が100円の記事なら10案件を書けば1,000円稼げます。報酬が200円の記事なら5案件書けば1,000円稼ぐことができます。

ライティングはテーマ沿った記事の作成です。例えば、テーマが「引っ越し」なら引っ越しに関する記事を条件の文字数で作成します。

1日1,000円を稼ぎたいということは、1ヶ月30,000円の収入が目標となります。

ネットで稼ぐ方法はたくさんありますので、1つの稼ぎ方にこだわらず色々な方法を併用して稼ぐと飽きずに続けやすいと思います。

ポイントサイトとアンケートサイトでスキマ時間にちょい稼ぎして、ライティングは2万円を目指して記事を書くという具合です。

ライティングに関しては、休日を入れて実働20日で計算してみます。

  • ライティング:300円報酬を3.5案件×20日=21,000円
  • ポイントサイト:ゲーム参加&広告クリック=5,000円
  • アンケートサイト:アンケート回答=5,000円

ライティングで稼ぐ方法とコツ

ライティングはテーマに沿った記事を作成するだけです。文字数が多いほど報酬も高くなります。

上限なく稼ぐことができ、ライティングだけで1日で5,000円以上を稼いでいる方もいます。文章を書くのが苦手という方も一度チャレンジする価値はあります。

文章を書くことが苦手な方は、パソコンや紙に向かって考えると文章は思いつかないモノです。まずは選択したテーマについて人に向かって話す感じで頭の中で会話のシュミレーションをしてみましょう。それを文章にしていくだけです。

稼ぐコツは「得意なジャンルやキーワードを積極的に見つける」こと

稼ぐコツの解説

どのサイトもで同じジャンルやキーワードが用意されています。内容が被ってはダメですが、得意なモノの方が仕事がはかどります。

1つのサイトに留まって苦手なジャンルやキーワードを頑張るよりも、他のサイトで探して積極的に得意ジャンルのキーワードを探して文章作成をした方が稼げます。

複数のライティングサイトに登録しておくとよいでしょう。

ライターサイトとクラウドソーシングサイトの違い

ライターサイトは、ライティングのみを扱っているサイトで、クラウドソーシングサイトはライティングに加え、幅広いジャンルの仕事を扱っています。

例えば、サイトの所在を確認する作業やデータ入力などの簡単案件から、ロゴ作成やサイト作成などのクリエイティブな仕事まで幅広いジャンルが用意されています。

おススメライティングサイト

げん玉クラウド
ポイントサイトのお仕事コンテンツなので気軽に始められます。案件も豊富でライティング以外のお仕事も用意されており、稼いでいる方は毎日5,000円以上稼いでいます。

shinoライティング
shinobiライティングhは、案件豊富な人気ライティングサイトです。視覚で直感的に書きたいキーワードを探すことができる「ワードクラウドは、他のライティングサイトにはない便利な機能を導入されています。

ネット副業のまとめ・関連記事

ページの先頭へ